日産セレナを売却するまでの流れ

セレナに限らず車を売却しようと思ったら必要な書類がないとそもそも買取すらしてもらえません。こちらではセレナを売却する際に必要な書類について紹介していきます。

 

ローンが残っている場合には以下の書類が必要になります。

 

車を買取してもらった後に車検証の所有者を変更する必要がありますのでそのためにローン会社に印鑑証明と委任状、証明書が必要となります。

 

そのためローンが残ってる場合が必ずどん会社に相談して買取してもらったとの金額でローン残金を払うということなどローン会社によって少し契約登録といった事が違いますので、必ず確認していてください。

 

 

セレナ売却に必要な書類

 

<車検証>

 

車を売却する際には必ず必要なのが車検証になっています。自宅で保管している。または車の中で保管するなどしているかと思われますので車を買い取りしてもらう際には必ず車検証を用意するようにしてください。

 

 

<自賠責保険証明書>

 

車を購入する際に必ず入れられてしまう強制保険のことです。ほとんどの場合が車検証と一緒に保管している場合が多くこちらも車売却する際この保険証証明証が必要になります。車検証と合わせてご用意してください。

 

 

<自動車税の払い忘れ>

 

車を売却する際には、自動車納税証明書が必要になります。

 

納税したとの納税日がわかる領収書が必要になりない場合には車買取所にて発行することができ、無料ですので必ずこの自動車納税証明書を用意するようにしてください。

 

また、自動車税をコンパクトカーで3万円花井半年後に売却すると払った自動車税の半額分が戻ってきますのでその点も忘れず覚えていてください。

 

 

<リサイクル券>

 

中古車を売却する場合には、リサイクル券を次に車を購入する方に譲る必要があるのでこのリサイクル券が必要になります。

 

ほとんどの場合、新車で購入時にこのリサイクル券まで購入していますので車購入した解くときに車検証の住所に入っている可能性が多いです。

 

 

<印鑑登録証明書、実印>

 

役所などに行き印鑑証明証をもらってきてください。といっても実際300円ほどで買うのですが、それから車を売却する際には印鑑登録してる実印も持ってきて車売却の手続きの際、最後に印鑑を押しますので、この時点で押すことになります。

 

いかがでしたか?ほとんどは車検証と一緒にまとめられているものだと思いますが、一部、印鑑証明や自動車税金払った証明書などは自分で取りに行く必要があったりしますので車を売ると決まったらすぐにこの書類を用意するようにしていてくださいあまり買い取り金額は決まって1ヶ月2ヶ月後などに行くと、再度査定になり車が安く買い叩かれることがありますので売買の値段が決まったらすぐに売却しましょう。